除草剤

2019.05.29 Wednesday

0

    枯葉剤、ラウンドアップ、グリホサート、

    除草剤は便利に使えても、人体にはかなりの毒だ。


    毎年、毎年、畑で野菜作りをする母に、

    除草剤、あれ、毒だから、使わないほうがいい。


    母、、、。


    畑仕事で一番大変な作業が草取り、

    草にかって、殺される!


    これから草が伸びてくる、

    その度ごとの口癖。


    その母に、除草剤、やめでけろって言った、

    そしたら、


    今度の月曜日、休みだべ?

    草、刈ってけろ。と。


    はい来た、と孝行息子は

    早起きして、朝の涼しいうちにと草刈機を準備。


    ビューン、ビューン、と草を刈る、

    高く伸びたカヤ、笹竹も刈る。


    あれ?

    なんかジガジガするなあ、


    一汗かき、ふた汗かき、

    あとは夕方にするかああ。


    ジガジガが治らないので、

    シャワーで洗い流す。


    でも、ジガジガ、ジガジガ、気になる、

    薬を貰いに、


    ダニですかね、除草剤が混じった土ぼこりですかね?

    いや、毛虫かも、でも、長袖、長靴、長ズボンでした。


    いや、飛んでくるんですよ、、、

    今日で3日目、痒い、痒い、痒い、赤い斑点が消えない。


    腕、腿、人にお見せできない酷い状態、虫の逆襲、

    幸いに顔や目、急所は外してくれている。


    天の助けか、

    武士の、もとい、虫の情けか。


    元はと言えば、虫の住処をビューンと

    刈り払った事に起因する。


    生態系を壊した方が悪い?

    じゃあ、生態系大量破壊企業、除草剤のモンサントも、


    ムシできないっしょ、

    虫の逆襲は如何様に。


    ラウンドアップは簡単に売られている、

    その怖さを知らずに使っている人がほとんど。


    その成分グリサホートが、

    どれほど人や家畜、動物、生態系への悪影響を与えているか、


    その研究はこれからの課題らしい。


    原発はトイレなきマンション、だと。

    環境最悪企業モンサント社は、何だべなあ。


    巡り巡って、自らをも除去してしまう、

    地球壊滅社だな。








    野菜

    2019.05.28 Tuesday

    0

      レストランにも、カフェにも

      外国のお客様が多い。

       

      気になるのは、

      野菜。

       

      外国の方々が日本に来るために、

      ガイドブックを参考にいろいろと調べると、

       

      日本では、野菜・米などの栽培に

      農薬の使用量が多いから、野菜を食べる時は注意。

       

      そう書いてあるのだそうだ。

      本当かなあ。

       

      しかし、今日の方々も、

      サラダの生野菜を残す、料理の中の野菜を残す。

       

      、、、やっぱりなのかなあ。

       

      世界一農薬を使う国、日本だからなあ、

      そして食品添加物、遺伝子組み換え食品、更に放射能。

       

      これらの使用量は世界でダントツ、一位、

      これらの使用基準の甘さも世界でダントツ一位。

       

      農薬、除草剤、食品添加物、遺伝子組み換え、放射能、

      これらを5つの輪にして、

       

      世界五輪ピックはいかが?

      ニッポン、金メダルラッシュで、どこにも負けないかも。

       

      更に、ギネスブックにも挑戦、

      これでいいのか、ニッポン。

       

      ついでに、コンビニ弁当に使われる生野菜、

      これは、塩素プール漬け。

       

      漂白剤で生野菜を洗ったサラダ、

      食べます?

       

      胃も、腸も、漂白されて、真っ白、かも。

      そう、腹黒い人は食べるべし。

       

      保健所様のご指導がそうなんです、

      生野菜を使った漬物は、塩素殺菌してから使う事、と。

       

      SNSで送られてくる友人、知人からの情報、

      人に伝えなければならない事は、即、いいねして、シェアしている。

       

      それでも、まだまだ知らない人は多い、

      まあ、関心のない人も多いのですが。

       

      マイナスな情報は嫌になるけれども、

      これをプラスに変えて行かなければならない。

       

      遺伝子組み替え食品、反対!

      欧米では、いやな物は嫌と、消費者が行動を起こす。

       

      我が日本では、

      誰も、何もしない。

       

      黙って、大企業の食品コマーシャルにのせられて、

      子供から、大人まで、どんどん買う、食べる、毒入り食品。

       

      6月2日は青森県知事選挙の投票日、

      原発反対なくせに、推進する自民党に投票する人。

       

      消費税増税反対なのに、

      推進する自民党に投票する人。

       

      戦争反対なのに、

      トランプから戦闘機大量買いの自民党に投票する人。

       

      佐原若子さんの声を聴いてください、

      我々が嫌だと考えている事、

       

      我々がそうして欲しいと考えている事を、

      推進していく、

       

      そう訴えています、

      どうでしょうか、一票。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      暑い日

      2019.05.26 Sunday

      0
        まだ5月なのに、
        真夏並みの気温。

        街を歩いている人がいない、
        食事にお越しのお客様だけ。

        町人はどこに行った、海か山か?
        農作業なんかは、今日は大変でしょう。

        明日は定休日なので、店を少しきれいにと、
        クロスタイムに小掃除、

        冷蔵庫の裏、食器棚の裏、
        裏同線の裏、冷蔵庫の下、

        排水溝の隙間を密封して、
        外敵ゴキの侵入を防ぐ。

        絶滅させても、
        またどこからともなく侵入してくる。

        隙間にテープを張って、
        密封テープをねじ込む。

        今回は、トランプ大統領並みに、
        厳重警戒だ。

        明日は、忙しい、
        母に草刈りを頼まれた、

        早起きして、
        朝の涼しい内にやりたいな。

        それから、久々の音楽の時間だ、
        先週、先生との約束を忘れてしまったため、

        一か月以上のご無沙汰、
        良い音加減を忘れてしまったかも。

        それからエトセトラしていると、
        あっという間にお休みの一日が終わるのだ。

        お天気は、
        どうかなあ。



         

        開校式

        2019.05.25 Saturday

        0

          木村秋則式自然栽培スクール、

          今日、その開校式に伺った。


          主催は、

          木村秋則式自然栽培女子会。


          30年も前に、ただひとり始めた、

          無農薬、無肥料、無除草剤の農業。


          おらあ、この栽培を日本から世界へと、

          広めて行きたい、


          そんな夢を語っていた木村秋則さん、

          その木村さん自身でトラクターで興起した田んぼ、


          そこで自然栽培スクールをやることができる、

          夢のようだ、と代表の田村眞裕美さんのご挨拶。


          全国から80名もの受講生が集まり、

          木村秋則さんの講演も行われた。


          久々に聞く、

          木村秋則さんの力強いお話し、


          応援団も、

          もっとがんばろー、そう思った。






          受講者代表、大西麻由さんは、

          自作の歌を添えてのご挨拶。


          苦節10年、平成元年りんごの花が咲いて、

          実を着けてから30年。


          なのに、虐げられ、

          指を指されながらも耐えてきた日々。


          未だに津軽の村々では、

          慣行栽培に取り組み、農協の言いなり営農する人たちの間では、


          木村だべえ、あそこの村のあれどあれだべええ、

          持ち上げている山崎だべええ。


          慣行栽培の有毒農業者がより合うたびに、

          僕たちは未だに理解を得ぬまま、悪者。


          アウトローゆえ、

          体制側とは違う道を歩む。


          しかし、時代は動いている、

          食の安全、安心。


          歴史の折り目、

          令和元年発足の、木村秋則式自然栽培女子会、


          時代の申し子だ、

          ガンバロー。



          豪華賄い

          2019.05.24 Friday

          0

            五月が過ぎてゆきます、

            怒涛の日々から、二週間ちょとすぎ。

             

            山桜も終わり、

            りんごの花も終わり、田植え時。

             

            山の樹々の青が濃くなってきて、

            カッコーが鳴く。

             

            しゃっこいビールが美味しくなってくる、

            庭で焼肉の季節だな。

             

            6月12日からは、

            うめだ阪急様の催事が始まります。

             

            山崎ファンの皆様、

            お待たせいたしました。

             

            今回も新商品をご用意いたしまして、

            山崎も販売に駆け付けます。

             

            16日(日)〜17日(月)は

            うめだ阪急様の催事売り場におります。

             

            店の留守は、

            息子がおりますので、

             

            先輩のなりと、ゆうちゃんと、

            ホールの優秀なスタッフと、仲良く店を守る。

             

            心配の種がひとつ、

            出稼ぎ先の渋谷と社長は、

             

            お昼を食べれなかったり、

            社員食堂のお安いお食事で我慢、

             

            ああ、それなのに、それなのに、

            それ、社長の留守だ、いいもの食おう、と

             

            調理場のスタッフをそそのかして、

            高価な賄いを食べたがる、らしいのだ。

             

            えええ、ハンバーグ食ったの?

            卵までのせて?渋谷君に悪いでしょう?


            とは言うものの、

            それも楽しみの一つ?

             

            愛嬌、愛嬌、か

            皆さまもいかがですか?

             

            社長出張中の豪華賄い、

            遊びに来て、是非ご相伴くださいませ。