幻のねぷたバル開催

2020.08.02 Sunday

0

    8月1日

    幻のねぷたバル開催。

     

    吉か凶か、

    それは解らない。

     

    ただ、この時代の飲食店の在り方、

    怯えて消えてゆくか、ステップアップするか。

     

    どうせ消えゆくのなら、

    やりたい事は、やる方が良い。

     

    人様の意見を聞いたらきりがない、

    ストン、と腑に落ちたら、

     

    行くが男の生きる道。

     

    ゆいチャンファミリーと、やーやどー

     

     

    桜田弘前市長も

    開会式の御挨拶にお越しいただきました。

     

    弘前バル街、第一回目からの経緯をよくご存じで、

    お話くださいまました、ありがとうございます。

     

    今回のバル、チケットの売れ行きは、

    いつもの40%の予測。

     

    開催前夜、また開催当日まで、

    チケット購入を迷ってた方々も街に出てこられた。

     

    あの、閑散としていた町生き返った、

    そんな一夜であった。

     

    飲食店の賑わい、

    それは人々の日々の活性指数みたいなもの。

     

    浴衣の女子や昔女子、

    熱い夜のお熱いお二人もお揃いで浴衣姿。

     

    街が賑わうのは、

    本当に素晴らしい。

     

    人と人が触れ合う場所、

    街には、そんあ役割もあるのだ。

     

    ての消毒、マスクの装着、

    ソーシャルデスタンス。

     

    感染予防を全て守ってもなお、

    感染を充分警戒しての本日開催でした。

     

    バル街を歩く人達の楽しそうな様子、

    みんあ楽しそう。

     

    日本全国のバル開催地の中で、

    いち早く開催にこぎつけた弘前バル街。

     

    いろんな形のバル街があり、

    様々な形の人達が、街の賑わい創出のため頑張っている。

     

    雨の日は雨の中で、

    風の日は、風の中で、雪の日には雪の中で、

     

    コロナの日には、

    やはり、コロナの中でやるしか無いのだ、なんたかんた。

     

    受け入れる、

    雨も、風も、雪も、

     

    そして、コロナ様も。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2020.08.07 Friday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする