金魚ねぷた

2020.07.25 Saturday

0

    バル参加店のお店に飾る、

    金魚ねぷた。

     

    ねぷたを制作した複数の方から、

    それぞれ納品された、、、のだが、

     

    意外とかさばるため、

    置き場所に困る。

     

    こりゃ、すぐに納品しないと

    と言う事で、配達だナ。

     

    コロナ怖しと、

    出店辞退店が二店舗、

     

    都合が悪くなったお店が一店舗、

    その他を引いても、42店舗様に配達だ。

     

    結構、広範囲のため、

    意外と時間がかかり、賄い前、賄い後の二回に分けて配達に出る。

     

    チケットの販売枚数を確認しながら、

    店主様のお顔を確認しながらで、

     

    有意義な配達のお仕事、

    開催事務局のお勤めです。

     

    夜の営業時間に食い込んだため、

    お詫びしながら、頭を下げながら。

     

    どこのお店も、

    そこそこお客様が飲食中。

     

    街に、人が戻ってきたのでしょう、

    良かった良かった。

     

    やはり、飲食店は必要とされているのだ、

    しかし、どのくらい売り上げが回復してきたのかは、解らない。

     

    桜祭りも無し、よさこいも無し、

    ねぷた祭りも無し、、、

     

    そこで、縮こまってしまった弘前の飲食店の

    ステップアップの為の、初イベント。

     

    弘前バル街vol.18

    幻のねぷたバル、開催なのだ。

     

    離脱組もあり、

    残念であるのだが、

     

    いつの時代もそうで、

    必ず我が身だけを守ろうとする輩は居る。

     

    その行動が、

    プラスか、マイナスかは、

     

    事態が収束したときに評価される、

    勝てば官軍、負ければ賊軍として。

     

    人それぞれの考え、

    人それぞれの生き方、

     

    ♪義理と〜人情を、

     秤に〜かけりゃ〜

     義理が〜重たい〜

     男の世界〜

     

    そんな生き方を良しとしている為、

    戦いにおいては、玉砕タイプなのかも。

     

    弘前バル街、

    開催まで、あと5日。

     

    感染予防を徹底して、

    各店、各自がご来店者と一緒に、

     

    ご周知の通りの諸事を遂行し、

    無事に乗り切りましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2020.08.07 Friday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする