マンジェ

2020.06.05 Friday

0

    1日が早い、

    あれやって、これやって、ランチタイムになって、

     

    賄いの時間になって、

    今日は天気が良いから、カフェのテラスで、、。

     

    パラソルの下、良い風に吹かれながら、

    それなりの飯を食う。

     

    ところがです、早飯、

    サッと食い終わるのが、日本の料理人流。

     

    フランス?

    ゆっくりでしたねえ。

     

    今頃の天候だと、

    テラスでマンジェ(飯)。

     

    働く前に食う、

    朝は、調理場の片隅でコーヒーや、カフェオレと残りものの、パン、フルーツ。

     

    仕込みをバタバタやって、

    ランチタイムの前にマンジェ。

     

    もう、そろそろお客様のご来店、、、の前まで、

    自分たちの飯の時間も大事に考える。

     

    賄いなのに、

    テーブルには、なんとワインも出る。

     

    ランチタイムは忙しく、ハードなのだが、

    だれもヒーヒー言わずに、

     

    津軽で言うところの、

    ワタワタど、料理をこなす。

     

    ふー〜、という間も無く、

    までーに片付けて、掃除をする。

     

    あれ?

    今日はランチで終わり?見たいな片付け方。

     

    ところがすっとこどっこい、

    休憩が終わると、料理人のみんなが再登場。

     

    デイナーの準備が始まる、

    今夜は何人のお客様?

     

    キャトルバン、、80人、、えええ

    その仕込みをバタバタして、

     

    マンジェ!である、

    もうほぼ夜に近い時間、

     

    ゆっくりと飯を食う、

    あーでもない、こーでもない、と。

     

    賄いと言えども、

    一応、フランス料理だ。

     

    ワインをね、ちびっといただく、

    Takashi、今度賄い作って!

     

    なんて言われたりして。

     

    そこから、お客様がボチボチご来店、

    もう20時過ぎているのですよ。

     

    ローヌ川の川沿いにあるレストラン、

    一つ星、ラ・テラス。

     

    オーナーがジェラール•アントナン、

    息子がパトリック・アントナン、

     

    優秀な息子は、

    史上最年少で、M OFを取った。

     

    ♪あれから何年〜過ぎたろうか〜

     

    フランスへ、

    行きたしと思えど、フランスはあまりにも遠し。

     

    は、昔の事でしたが、

    そろそろ行こうか!

     

    と言うところに、コロナが来襲、

    フランス行き資金も、コロナに食われちまっただ。

     

    思い通りに行くはずは無いのだが、

    ♪人生、楽ありゃ、苦もあるさ〜

     

    ねえ、世界中の人が同じ目に遭っている、

    一つの地球に、様々な人種が住む。

     

    その心を一つにして、

    地球を大切に、住む人を大切に、って

     

    コロナに教わっているのに。

     

    そうですよ、

    虫も人間も生物多様性。

     

    トランプが人を肌の色で差別している、

    おみやあああ、大統領だべ?

     

    自分の国の人間を差別している、

    この男に品格は有るのか?

     

    自国民に対して、

    軍を仕向ける?

     

    天安門とかわらねえなあ、

    トランプして、ババ抜きしているんじゃないでしょ。

     

    ある高僧から頂いた屏風に、

    「屏風は、折れるから、立つ」と。

     

    権力者も、つぱってばかりいないで、

    折れることを知ろう。

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2020.07.08 Wednesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする