開花予想

2018.04.03 Tuesday

0
    こればっかりは、
    外れてほしい、のだ。

    早咲きは損、
    何とか、寒が入って、遅れてほしい。

    切実な願いなのである、
    せっかくの桜見物のお客様、

    四月末から、
    ゴールデンウイークにかけてお越しになる。

    何とか、ニッポンいじのさぐらっこ、
    見て欲しいのだ。

    雪でもミゾレでも、
    何とか降って、早咲きをおくらせてほしいなあああ。

    街を選挙カーが行く、
    お世話になっている方に当選して欲しいのである。

    当選してすぐの桜まつり、
    賑々しく、盛大に開催して欲しい。

    そんな中、あれから40年・・・
    車のcdで綾小路公磨を聞いている。

    ひとり、ゲラゲラ笑って居るのであるが、
    行き交う選挙カーや、他の車に対しては都合が悪い。

    ひとり運転しながら、
    ニタニタしているのだから。

    例え嫌なことがあってイライラしていても、
    これを聞いていると、おかしくって笑ってしまうのだ。

    綾小路公磨さんは、
    売れなくって、売れなくって、

    売れ始めたのが、
    50歳過ぎてから。

    木村秋則さんもそうだったね、
    プロフェッショナル出演から、本になって、映画。

    遅くっても、まだましで、音楽家とか、絵描きさんとか、
    亡くなられてから陽の目を見る人も多いわけだし。

    道をまっすぐに歩いてゆくと、
    誰でも、どこかで花が咲く、

    木村さんは、
    自分から売り込んだのではない。

    時期が来ると、誰かが発見して、
    誰かが引き立ててくれる。

    それがいつなのか、
    誰も知らない。

    大きな花を求めて右往左往して、おっかけていると、
    逆に、それを逃してしまう。

    神様から与えられた役割は、
    今、そこで、自分らしく、コツコツとやる。

    それが嬉しかったり、楽しいなあと感じられたら、
    小さくっても、それが花なのかも。

    スポンサーサイト

    2019.01.17 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      神様から与えられた役割は、
      今、そこで、自分らしく、コツコツとやる。

      素晴らしいですね。それが幸せだと思います。
      • by 絵描き
      • 2018/04/05 5:45 AM
      コメントする