アパテドラ

2018.10.18 Thursday

0

    寒くなって来ましたねー、
    天気がいいので、日向は良いけれど、

    日陰は、寒いなあ、
    深まり行く、秋。

    今日のランチは、
    四十数名の団体様。

    食事を終えると、
    待機中のアパテドラのご案内で街歩き。

    弘前フレンチ&洋館巡り、
    自慢のコース。

    「アパテドラ」は津軽弁、
    あっぱ(奥様、お母さん、ご婦人の意味)

    テ(手)


    ドラ(どうぞ)

    奥様、お手を、どうぞ。

     

    誰のアイデアか知らないけれど、

    うまいもんだナ。

    弘前市観光ガイドのボランテイア

    「アパテドラ」の皆様、お疲れ様です。

     

    弘前の秋の観光はこれからが本番、

    「弘前城 菊ともみじ祭り」は明日から開幕、

     

    10月19日から、11月11日までです、

    皆様、お出かけください。

     

    弘前観光のお食事には、

    弘前フレンチを、

     

    レストラン山崎、カフェ山崎

    お土産は、パティスリ山崎で。

     

    皆様のご来店をお待ちいたしております。

    ♪空が〜泣いたら〜雨になる

    2018.10.17 Wednesday

    0
      内向的、おとなしい、無口、はずかしがり屋、
      じぐなし、度胸なし、弱虫、泣き虫、、、等々。

      そんな類の評価をいただいて、
      ♪私は今日まで〜生きてきました〜(拓郎)

      悪評も数知れず、
      一つ一つ気にしてたら、生きてゆけないくらい、

      言われたら、落ち込みますから、
      対策を考えました。

      過ぎたことは、忘れる
      嫌なことは忘れる。

      そして、面と向かって言われたら、
      牙をむく、バガデネガ〜 ! って。

      ♪身に降る〜火の粉は〜払わにゃならぬ〜(村田英雄)

      ただね、ねちねちと陰口を言われたら、
      これはですね、嫌らしいですね〜、見えない敵ですね〜。

      ずるいですね〜、コワイですね〜、
      ネットの書き込み、汚いですね〜。

      昔は、正々堂々、
      そんな言葉がありました。

      やくざの世界でも、
      オトシマエ、けじめ、筋を通す。

      ♪義理と〜人情を〜秤にかけりゃ〜
      義理が〜重たい〜男の世界〜(高倉健)

      俺らの目を盗み、
      会の女性に悪さをした奴がいて、

      けじめをつけた、
      除名!って。

      そしたら、逆恨みされましてねええ、
      全部山崎が悪いことになった。

      ♪何から〜何まで〜真っ暗闇よ〜
      筋の〜通らぬ〜事ばかり〜(鶴田浩二)

      自分の悪さを棚に上げて、
      素知らぬ顔、

      そんな奴と一緒に、
      人の身の上だろう?わが身は痛くないってええ連中がですよ、

      へらへら酒を酌み交わしてやがる、
      こら〜、てめえら、

      悪さをされた人の痛みを思ってみいい、
      自分が無事ならいいってえええ、もんじゃあああ、

      ねえだろう〜!オオオ!
      (永ちゃんの口調ですねええ)

      悪さされた人様の身の痛み、
      心の痛み、悲しみ、

      人が思う悲しみは、
      人が悲しんでいることを思う悲しみが一番の悲しみだって。

      人様の痛みに涙を流す、
      ニッポン人の魂じゃああねえのかああ。

      国民の悲しさ、辛さを屁とも思わない、
      どこかの政治家たちと、おなじさねえええ。

      この国の人情劇も、
      昭和、平成の幕引きで、間もなく終わりなのかな。

      AIが仕切る世界の前触れか、
      いや、知能よりも先に、

      AIに人の悲しみを思って悲しむ心を、
      先ず、セットしてあげたいもんだなあああ。








       

      禁食

      2018.10.16 Tuesday

      0
        休み明けの火曜日、
        団体様のランチ、大型バス、小型バス。

        中国地方からのお客様のお見送りに出たら、
        ツルタハゲマス会の話題になった。

        そうなんです、チャンピオンなんです、
        スターなんです。

        いかがですか、
        会員になりませんか?とスカウト魂を発揮。

        吸盤綱引き話、皆様に喜んでいただきました、
        そうです、旅の土産話は楽しくないといけません。

        今日も、♪朝も早よから〜よ〜、
        本物のヤマザキパンを焼く。

        新商品、
        有機栽培白ゴマのフォカッチャ。

        オリーブとオリーブオイル、
        白ごまを叩いてからぱらぱらと、

        ニュージーランド産の有機認証ヤカベ松崎さんの
        ピラミッド型フレーキーシ―ソルトをつまみふり。

        もちもち感のある、
        美味し〜い、有機栽培白ゴマのフォカッチャ。

        みなさ〜ん、コンビニパンや
        スーパーのパン、怖くないですか?

        そろそろ添加物山ほど入りパンはやめて、
        少しでも安心できるパンを食べませんか?

        買うのは、
        手作り、良品。

        遺伝子組み換え小麦不使用の表示がないパン、
        コワイですね、コワイですね。

        マグネドナルホドのパン、
        挟んでいるパテも、コワイですね、コワイですね。

        はさんである殺菌野菜は塩素プール漬け、
        コワイですね、コワイですね。

        今頃気がついて騒いでいる私どもも、
        この歳、遅すぎる感はありますが、

        タバコと同じ、
        禁煙、は有害に気がついたら、すぐに実行。

        食べものも同じ、
        禁食は、有害に気がついたら、すぐに実行。

        まあ、
        出来る範囲内から始めましょうか。

        しかし、お子様には、
        早めに実行してあげたいナ。








         

        秋の途中

        2018.10.14 Sunday

        0
          十月も半ば、
          秋が過ぎてゆきます。

          明日は又、
          月曜の定休日です。

          先週は、お休み返上で、
          恵比寿三越様へ、販売応援でしたから、

          明日は、
          二週間ぶりのお休みです。

          雑務、音楽の時間、整形、雑務、
          専蔵さんのコーヒーも飲みたいし

          映画も見たいところ、
          ですが、多分時間なし。

          母に双味庵のお菓子をお土産に、
          買いに行けるかな。

          こんなところで、
          お休みが終わります。

          夕飯は家族そろって、
          せいちゃんを肴に、しゃっこいビールを。

          てえのは、
          いまのうち、だけ。

          後半からは何かと多忙、
          あれもこれもと仕事がかさみ、

          直ぐに、毎年バタバタする11月、
          出稼ぎは、東京&大阪のダブルヘッダー。

          そう、合間を見て、
          冬バルの準備もしなければ。

          行楽日和は続きますが、
          生涯現役の身の上、

          秋の見頃は、カスリもせずに、
          過ぎてゆきます。



           

          読書の秋

          2018.10.13 Saturday

          0
            「奇跡のりんごスープ物語」、
            2013年、講談社刊。

            どうやら売り切れているようです、
            再版無し、か。

            アマゾンブック、売れ筋ランキング、
            フレンチ部門で、最高が第三位。

            続編を書くまでに、
            物語をためておかないと。

            人生、いろいろ、
            日々が物語の続きです。

            今日は山梨県からの団体様、
            拙著「奇跡のりんごスープ物語」を

            バスの車中で読まれた方もあり、
            「せいちゃん、何年生になられましたか?」って。

            気にかけていただいて、
            有難い事です。

            本屋さんでは売り切れですが、
            図書館や電子版で読めますので、

            未読の方は、
            是非、読書の季節ですから。

            紅葉が終わるまで、
            行楽のお客様がお越しになられます。

            洋館とフランス料理の街ひろさき、
            立ち上げ時には、

            フランス料理の街、、、も相手の胸に響かなくって、
            いやあああ、羊羹もあるんですが、、、洋館もあって、、、。

            そんな、しどろもどろな日々を乗り越え、
            「弘前フレンチ」は、いまや、ブランド。

            弘前をフランス料理の街にしよう!
            から、フランス料理の街ひろさき、を目指して、、、。

            そして、洋館とフランス料理の街ひろさき、の
            「弘前フレンチ」

            そう、良い食材の生産者がおられるからです。

            その一人、いやお二人、
            長谷川自然牧場さんの長谷川光司、洋子ご夫妻が、

            今夜、デイナーに来てくださいました。
            結婚43周年をフレンチでお祝い。

            もちろん、メーンデイッシュは、
            長谷川自然牧場産熟成豚肩肉を使って、

            今夜は、
            カリッと焼いた熱々リヨンを。

            熟年なんとががながったら、
            来年まんだ、お祝いに、と。

            ありがとうございました。