大阪催事

2017.09.19 Tuesday

0
    20日から26日まで、
    大阪、うめだ阪急様の催事です。

    明日20日と21日は売り場におりますので、
    大阪の皆様との再会を楽しみにしております。

    早生種のつがるを何個か持ちましたので、
    初物、ひと口お召し上がりいただけるかも、です。

    今日はお客様から預かったお土産を届けに、
    木村さんの畑に。

    お手伝いの皆さんと、いっぷくの最中、
    あれ、収穫?

    なんも、さ
    台風でちょこっとおじだんだ。

    あれえ、もったいない、
    んん、山さんのりんご、もう倉庫さ入ってらがら。

    ああ、ありがとうございます!

    木村さん、
    お元気です。

    昨日は、定休日、朝一から二回目の「関ケ原」、
    初回は、早口で聞き取れなかったセリフを、

    落ち着いて聞きました、
    が、やはり胸が震え、

    昨日は、
    涙が出ました。

    もう一回、見なくっては。
    折よく、左近、明日は大阪です。

    ステンドグラス

    2017.09.17 Sunday

    0


      カフェ山崎の戸棚に、内本さんの作品がある。



      ステンドグラス作品展 「光と、硝子と、弘前と・・・」

      明日18日が最終日、10時〜17時まで
      弘前市田町玉雲堂ギャラリーで開催中。


      うちのカフェ山崎のステンドグラスを作って下さった、内本さんが主催。

      祭日でご多忙でしょうが、
      地元の皆様お誘い合わせの上、お足をお運びください。

      そう、そろそろ津軽はお山参詣の頃だ、
      サイギ〜サイギ〜、どっこいサイギ〜ってが。

      岩木山を取り囲む、
      津軽の村々から集まり、山を登り頂上で御来光を拝む、朔日山。

      台風直撃か!と心配していましたが、
      どうしたかなあ、天気予報見てないし。

      ・・・岩木山神社の境内で村々の善男善女が、
      輪になって踊る。

      あツ、パートのおじさんが登山ばやしの太鼓を叩いてる!のを発見、

      パート仕事だから、素性を知らなかったのだが、

      そこの保存会の太鼓担当なのだ。

      人はそれぞれ地域の中で
      なにかしら担っているものがあるんだなあと、感じ入り、

      酔いもあり、おじさんの太鼓の囃子に載せられ、

      とうとう輪に入って踊り始めた、思い出が蘇る。

      風情があり、
      津軽人の血が騒ぐんだなあ。

      もちろん、シラフじゃ無理、
      飲むほどに、酔うほどに盛り上がるのだ。

      翌朝は、頭がいた〜い、頭がいた〜い、
      かんなり酔ったなあ。

      そう、上司と派手な喧嘩をしてホテルを辞め、

      その一か月後あたり、まだ目標定まらず、の頃かな、

      ♪うらぶれこの身に〜吹く風〜悲し〜
      金も無くした〜恋も無くした〜明日の行方が〜わからないから〜

       

      と、小林旭が歌ってたナ、

      あれから何年?
      そうか〜もう二十四年かあ〜。

      ♪しみじみ飲めば〜しみじみと〜
      想い出だけが行き過ぎる〜

      ♪歌は世につれ世は歌につれ、
      物思う秋、

       

      今夜はニッポン酒を人肌でだなあ、

      ♪肴は炙ったイカでいい〜っと。

      歴史人

      2017.09.16 Saturday

      0



        忠義か?野望か?
        決戦!石田三成と関ヶ原合戦

        kkベストセラーズ発行の
        歴史人NO.82を買って、まで〜に読んでいる。

        徳川の野望に敢然と立ち向かう、
        正義の人、石田三成!

        武将同士も、難しいのは人間関係、
        事情と環境は変わっても、いつの世も同じかな。

        ミサイルを撃つ側も正義を唱え、
        守る側も正義を唱え、

        采配はどこに向けて振っているのか、

        あさっての方向にミサイルを撃ち込んでも、

         

        金ちゃん、大丈夫?

        お山の大将、君ひとり、

         

        太平洋にミサイルを食わすよりも、

        キミんちの国民に、白いご飯を腹いっぱい食べさせてあげれば?

         

        オトシマエは
        神のみぞ知る。

         

        お陰様でねえ、

        わたくしどもはだナ、

        朝早くから避難警報が鳴る、
        避難してくださいって、もう、二回目。

        何から避難して、
        何処に隠れるの?

        敵も玉も、槍も鉄砲も
        見えないのだから、

        どの方向にどれだけ避難すれば良いのか
        見当がつかないのだ。

        従って、避難しろと、呼びかけられているのだが、
        Jアラートを告げている最中なのに、

        今出来ることは、朝飯を食うか、
        新聞を読むか。

        そうしているうちに、
        とっくに我らが頭上を越えて、はるか彼方に飛んで行った模様。

        果たして、北海道から茨城県辺りまでの広範囲で、

        あれを鳴らし続ける必要があるのだろうか?

         

        疑問である。

        国民を煽っているのか、
        怖がらせているだけなのか。

        ミサイルが飛んで行く方向を
        探知しているのなら、

        アラートの鳴らす範囲をシビアに縮小して
        とりあえず、まだ寝ている人達を起こさないでほしいなあ。

        仙台へ

        2017.09.15 Friday

        0

          昨日は百貨店様との商談会があり、
          日帰りで仙台まで行って来ました。

          朝二番で出かけて、
          10時半には仙台着。

          先ずは、仙台在住のお師匠さんにご挨拶、
          近況のご報告を。

          出来の悪い弟子ゆえ、
          よくやってるよなあ、ってね,言われました。

           

          はい、お陰様で、出稼ぎをしながら、

          やっと生きておりますって、お答えしました。

          弟子はたくさんいても、
          シェフになるのもひと握り、店を持つのもひと握り。

          人生はそれぞれのご縁で生かされていて、
          それぞれが修業、かつての仲間もどうしているのかな。

          限られた時間ゆえ、
          ひとり一人のその後は聞けませんでしたが、

          まあ、
          皆んな元気でしょう。

          便りのないのは、
          無事な証拠ってね。

           

          無事仕事を終えたら、

          あ、帰れる時間だナ、と新幹線に飛び乗り、帰社。

          もう亡くなったのですが、
          昔、一緒にフランス語を勉強してた方のご家族がカフェに。

          弘前公園のすぐ側に住まいされておられ、

          昔からのご住人では?と御聞きしたら、

           

          なんと、昔は染物屋さんで、戦国時代の旗物を作ってたそうで、

          津軽家の卍印の旗などの所蔵されているとのこと。

           

          最近発見された弘前の忍者屋敷の件でも、

          前に住んでいた方が、津軽を名乗る苗字の方だそうで、

           

          古い住所では、

          忍者屋敷の有った場所らしいのです。

           

          そのお家のご主人とは、

          フランス語の話が主で、

           

          これを知ってたら、

          もっとお聞きしておけばよかった、残念でした。

           

          映画関ヶ原のヒットで、

          石田三成の生き方、生き様が見直されている今日、

           

          ご縁の弘前の土地には、

          まだまだ新発見がありそう。

           

          楽しみだナ。

           

           

           

           

          津軽海峡エリア料理人フォーラム

          2017.09.12 Tuesday

          0
            10日は函館バルを回り、
            11日は本番の、

            「津軽海峡エリア料理人フォーラム」
            そして、歌うのは ♪津軽海峡冬景色。

            ♪あ〜あ〜、津軽海峡〜ふ〜ゆ〜げしき〜
            料理人が主体の客席、初体験者が多く、皆んな真面目ゆえ、拍手はパラパラと。

            山崎さんバガでネガ?
            なしてうだってらんだべナ?

            打ち上げパーティーのステージでは、
            ♪春〜来れば〜、アンゼキオンゼギサ〜、ミンズアコヲデル〜

            こちらは定番ゆえ、催促なしでも
            手拍子をいただきました。



            こちらが主催者の、
            レストランバスク オーナー深谷宏治さん

            僕たちはお手伝いさんで、
            函館と青森、八戸、弘前の料理人が大集合

            語り、飲み、親睦を深めた、賑やかな、
            とても意義のある会合でした。

            深谷さんを始め、
            バスクのスタッフの皆様、

            クラブ デ ガストロノミー バリアドスの皆様
            函館の皆様

            またまたお世話になりました、
            ありがとうございました。

            今朝弘前へもどり、
            帰社。

            午後は、弘前フランス料理研究会の
            顧問をしていただいていた、 木村太郎代議士の葬儀。

            これからの方なのに、
            はやく逝ってしまわれた。

            涙雨降る中、安倍総理をはじめ、
            さすが、すごい人、人でした。

            お世話になりました、
            合掌。